【読谷村】やちむんの里で器探し♩

観光



那覇から車で1時間。
読谷村(よみたんそん)にあるやちむんの里に行ってきました。

やちむんの里

「やちむん」とは



〝やちむん〟とは、沖縄の方言で『焼き物』のこと。
ぽってりとした厚めの形状に、力強い絵付けが特徴です。


今は、若手の作家さんも多数活躍されていて、今まで陶器に馴染みがなかった方や「もう少し可愛らしいものがいいなぁ〜」なんて考えている方にも、手に取りやすいデザインが増えてきています。

こちらは「一翠窯」さんの器




さっそく、やちむんの里でお邪魔してきた窯元をご紹介します😉





ギャラリーうつわ家



こちらが ギャラリーうつわ家 さんのやちむんたち。

うつわ家


私は見ているだけで幸せです。。。はぁ♡笑


写真を見て分かる通り、ドットやバイカラーなど手に取りやすいものから、沖縄らしい点うち・唐草などもあります。



そして、何と言ってもうつわ家さんはお手頃価格なものが多いのです!

ですので、初めてやちむんを購入するにはとてもオススメの場所です。





読谷山焼窯共同売店



やちむんの里の中心地にある読谷山焼窯共同売店

小鉢、茶碗、丼ぶり、カップ、大皿などがたくさん並んでいました😄

やちむん



私は、探していたジャストな大きさの丼が売っていたので(写真で手に取っているもの)購入させていただきました♪


ひとつ2000円ほどで、思っていたより高くなく、夫の分とで二点購入です。





ギャラリー囍屋(きや)



こちらは、やちむん作家の 大嶺實清 さんのギャラリーです。

大嶺じっせい



とっても繊細で、モダンで、素敵でした…!


本当にステキで、心が奪われてしまい写真を撮るのを忘れるほど・・・(あとで気づきショック。笑)



大嶺さんのペルシャブルーの作品が好きで、買うぞー!と意気込んでお邪魔したのですが、先にいらしていた女性二人組が大量購入されていて、断念…泣


でも、そんな若い女性からも人気なんだなと再確認!
素敵なものは、どの世代にも響くものですね〜



ネットでも販売されているようなのですが現地で購入した方が、かなりお手頃ですよ♪

実際に使ってみた



後日、読谷山で購入した丼ぶりを使って、夫が自宅で沖縄そばを作ってくれました!

手作り沖縄そば
注:私は左利きです




余談ですが・・・
持ち手が赤いお箸は、沖縄の箸でうめーし
箸置きはミンサー織りの柄のものです。

うめーしは、数年前に渡沖した際に購入したもの。
ミンサーの箸置きは、やちむんの里の窯元で購入しました(500円くらい)




やちむんで食べるとさらに美味しいのですが、そもそも夫が作ったそばがめちゃ美味しい・・・!
たぶん回数的には私の方が、多く食べているのに…(笑)





私も、やちむんを使いたいのでお料理がんばります!
(家事の中で一番苦手なのです。笑)






アクセス

〒904−0301 沖縄県読谷村座喜味2653−1
営業時間・定休日は各工房によって異なります。

タイトルとURLをコピーしました