【今帰仁村】本当は教えたくない!最高の宿「SOMOS」

宿泊


一つ前の記事に書いたコースで本島北部をドライブした後、その日の宿泊先SOMOS(ソモス)さんに宿泊してきました。



泊まった感想としては、今まで沖縄で宿泊してきた宿の中で一番良かった!

本当に最高で、かなり贅沢な時間を過ごしたな・・・と未だに余韻に浸れるほど。


本当は教えたくないくらいなのですが。笑
この良さを、オキナワトラベルハックを読みにきてくださった方にはぜひ知って、そして体感してほしいのでレポいたします。

SOMOS

SOMOSチェックイン



この日は、サンセットを見てから宿に向かったので18:30ごろにチェックイン。

フロントでオーナーの方から軽い説明を聞き、お部屋に案内してもらいます。




ソモスは、部屋が二つだけ。
一日二組限定で、それぞれの部屋に名前がついています。

「sabado(サバド)」
「domingo(ドミンゴ)」

スペイン語で土曜日・日曜日という意味だそう。

お部屋


私たちはドミンゴに案内されました♩

ロフトからの眺め
ロフトにはゴロゴロスペース
電気のスイッチが可愛すぎる
ベッドルーム
ベッドルームの向かい側
パウダールーム
シンプルなバスルーム



とても素敵・・・!!!


ソモスさんのインスタで写真を見てイメージしていたのですが、それをはるかに超える素敵さ!

感動して写真撮りまくり(笑)



オーナーの奥様がキューバの方で、そのエッセンスが所々に散りばめられていて、雑貨好きな私なんかは大興奮でした!

お部屋だけでなく、建物自体をオーナーの旦那さまが時間をかけてDIYしたとか!
我が家もマイホームを検討中なので、真似したいと思うものがたくさん。

ハイセンスなご夫婦だ〜♪


ウェルカムドリンク
シークワーサーソーダと、オリオンビールをいただきました





お部屋にはソモスの周辺地図がありました。
明日、ビーチに行こう♩


かなり楽しみにしていたソモス宿泊だったので、夜ご飯は近くのコンビニでおつまみやお酒など購入し、お部屋でまったりゆっくり過ごしました♩

こういう過ごし方が大好きなので、個人的には最高の夜でした(*^^*)






翌朝



朝、起きてベランダの方に行くと・・・


起きて一番がこの景色!

目の前には、緑いっぱいの植物たちと、ちらほら見える沖縄特有の赤瓦の古民家。
そして、遠くには青い海・・・。





この景色の素晴らしいところは、「住んでいる」感覚になるということ。


リゾートホテルも、目の前には煌びやかなビーチ。
羽を伸ばして非日常感を感じられてとてもいいですよね。




でも、このソモスは

まるで自分は今帰仁村で生まれ育ったんじゃないかとずっとここで生きてきてるんじゃないかと(笑)そんな錯覚を覚えてしまうような、自分が溶け込んでいるような気がしてしまいます。

非日常なのに、日常的。
これは普通のホテルじゃ味わえません。

オーナー夫妻が作り出す空間と、今帰仁村という自然豊かで優しい町がそうさせるんでしょう。



そして、付属のハンモックを設置してゆらゆら〜と自由時間。。。


最高です!!!!


朝食


まったりした後は朝食です。


朝食会場のフロントへ行きます。
昨日、チェックインした場所です。


まず、席に着くとオーナーさんがドリンクメニューを見せてくださいました。


私は、豆乳シークワーサーラッシー
夫は、季節の酵素ジュースをオーダー。



フロントにも、素敵な家具やインテリアや雑貨があって、お料理を待っている間もまったく退屈ではありません♩

と、うろうろしていると・・・お料理がきました♪


まず見た目が素敵・・・♡


お味ももちろん美味しかったです。
右側にあるパンまで手作り!おかわりしたかった〜。笑

全部美味しくて、願いが叶うなら毎日この朝食が食べたいです♡

近くのビーチへ


朝食をとった後は、お散歩しに長浜ビーチへ。
ソモスから車で5分くらいです。



天気も良く、最高なコンディション!


ずっとここにいたい・・・





朝の長浜ビーチは人も少なく、とてものんびりできました。

前はピンクのブランコがあった様なのですが今は撤去されているそう。


個人的には、インスタに投稿するために作られたいわゆる「映えスポット」的なものは、沖縄には必要ないと思っているので。笑
こちらの景色の方がいいと思ってます。







20分ほどゆっくりして、ソモスに戻りました。

そして、チェックアウトでオーナー様にご挨拶。


駐車場までキャリーケースを運んでいただき、またきます!とお伝えしソモスを後にしました。






感想



まるで暮らしているかの様に滞在できる宿「SOMOS」


ステキな空間とおいしい朝食、
そして、目の前に広がる今帰仁の大自然。

そこには〝日常的な非日常〟があります。




そんな至福な時間を過ごしてみては?






SOMOS公式はこちら


コメント

  1. […] 【今帰仁村】本当は教えたくない!最高の宿泊先「SOMOS」 […]

タイトルとURLをコピーしました